LocationEM2 を無効化する方法
  • Jan 2, 2017
  • negset

MediaTek 製 SoC を搭載したスマホの多くには、LocationEM2 というシステムアプリがインストールされています。

このアプリ、設定から無効化できないくせに、電話や位置情報の権限を持っていてなんだか怪しい。

そこで今回は、adb コマンドを用いてこのアプリを無効化する方法をご紹介します。


必要なもの

  • 端末本体

    • 今回紹介する方法は、Android 5.0 以降が対象です。
  • PC

    • あらかじめ、adb コマンドが通る状態にしておいてください。
  • 端末と PC を接続するケーブル

    • 充電専用ケーブルではなく、データ転送可能なものである必要があります。


手順

  1. 端末の USB デバッグを有効化する。

  2. 端末と PC を USB ケーブルで接続する。

  3. adb が通る階層からコマンドラインを開き、以下のコマンドを打つ。

    adb shell pm hide com.mediatek.lbs.em2.ui
    
  4. 以下のように表示されれば成功。

    Package com.mediatek.lbs.em2.ui new hidden state: true
    


まとめ

上記操作を行うと、LocationEM2 は設定のアプリ一覧に表示されなくなります。

元に戻す場合は、手順 3 のコマンドを以下のものに変更して、再び実行すれば OK です(hideunhide に変える)。

adb shell pm unhide com.mediatek.lbs.em2.ui

ちなみに今回紹介した操作は、LocationEM2 以外のシステムアプリにも有効で、パッケージ名さえわかれば、以下のように任意のアプリを無効化できます。

adb shell pm hide [パッケージ名]

ただし、システムに不可欠なアプリを無効化してしまうと、最悪の場合、端末が起動しなくなる恐れもありますので、注意して行うようにしてください。


Comments
タップで開閉できます
arrow_upward