ONScripter on Windows をビルドする
  • Dec 19, 2020
  • negset

ONSctipter on Windows を Windows 上でビルドする方法を紹介します。

Windows 版 ONSctipter はソースコード形態でのみ配布され、バイナリ配布されていません。 自分がビルドしようとした際につまずいたところがあったので、ここにまとめておこうと思います。

参考 URL

ONScripter の開発者さんが以下のページにて、ビルド方法をまとめてくださっています。 ビルドに必要なファイルもこちらから入手できます。

必要なもの

  • onscripter-XXXXXXXX.tar.gz

    ONScripter 本体のソースコードです。
    ONScripter のページ > ソースパッケージ から入手できます。

  • onscripter_win-20200114.zip

    Windows 版をビルドするのに必要なライブラリがまとめられたものです。
    上記の ONScripter on Windows のページ から入手できます。

  • Visual Studio

    Visual Studio 2017 にてビルドできることを確認しました。2019 でも動作確認済みだそうです。

手順

ファイルを展開して配置する

onscripter_win-20200114.zip を任意の場所に展開します。

onscripter-XXXXXXXX.tar.gz を上記で生成した onscripter_win の中に展開します。

この時点でのディレクトリ構造は次のようになります。

onscripter_win
├─...
├─onscripter-XXXXXXXX
│  ├─...
│  └─ONScripter.sln
└─ONScripter_win.sln

関連ライブラリをビルドする

ONScripter_win.sln を Visual Studio で開きます。

上部メニューバーから、
プロジェクト > ソリューションの再ターゲット
を実行します。

これにより、ソリューション内の全プロジェクトに対して、最適な Windows SDK バージョンが設定されます。

続いて、上部実行ボタンの左にて、ソリューション構成とソリューションプラットフォームを次のように設定します。

ソリューション構成 ソリューションプラットフォーム
Release x64

上記の設定ができたら、上部メニューバーから、
ビルド > ソリューションのビルド
を実行します。

実行後、下記の場所に各種ライブラリが生成されたことを確認します。

onscripter_win/x64/Release

ONScripter をビルドする

onscripter_win/ONScripter.sln を Visual Studio で開きます。

先ほどと同様に、

  • ソリューションの再ターゲット
  • ソリューション構成とソリューションプラットフォームの変更

を行います。

上記の設定ができたら、上部メニューバーから、
ビルド > ソリューションのビルド
を実行します。

実行後、下記の場所に ONScripter.exe が生成されたことを確認します。

onscripter_win/onscripter-XXXXXXXX/x64/Release

完了

ONScripter.exe をゲームのディレクトリに配置し、動作を確認しましょう。

ちなみに ONScripter のバージョンは次のコマンドで確認できます。

$ ./ONScripter.exe -v
  • Comments
arrow_upward