KLWP でアニメーション GIF を使う方法
  • Feb 8, 2018
  • negset

ホーム画面カスタマイズにおける人気アプリ KLWP で、アニメーション GIF を使用する方法を紹介します。

KLWP には通常の画像オブジェクトとは別に、アニメーション GIF を表示するための “動く画像” というオブジェクトが用意されています。

現状では使用の際に特殊な操作を行う必要があるため、その操作と使用時の注意を記します。


通常の “画像” では上手く行かない

KLWP には画像を配置するためのオブジェクトが用意されており、通常の静止画を表示する際はこれを利用します。

ところがこの方法でアニメーション GIF を表示しても、最初の 1 コマが静止画として表示されるのみで一切アニメーションしてくれません。

正常にアニメーションさせるには、以下で解説する “動く画像” を使用する必要があります。


“動く画像” の使い方

以下のコードをクリップボードにコピーしてください。

##KUSTOMCLIP##
{
  "clip_version": 1,
  "clip_cut": [],
  "clip_modules": [
    {
      "internal_type": "MovieModule"
    }
  ]
}
##KUSTOMCLIP##

KLWP を開き、root 階層で右上の content_paste をタップしてください。

アイテムに 動く画像 というオブジェクトが追加されるはずです。

追加されたアイテムをタップして、使用したい GIF 画像を選択し、必要に応じて大きさなどを変更してください。

以下のように、ホーム画面上でアニメーションが再生されれば成功です。


使用時の注意

オブジェクト一覧から追加できないところを見るに、現時点では仮実装中の機能であると思われます。

そのためか、root 以外の階層には配置できない という制限があり、他のアイテムとグループ化することができません。

またこれは未検証ですが、常にアニメーションするために描画回数が増えて、電池や RAM の消耗が激しくなる可能性があります。

さらに、正式実装の機能ではないことから、予期せぬ動作になったり今後のアップデートで使えなくなる可能性があります。くれぐれもご注意ください。


まとめ

多少の制約はあるものの、アニメーション GIF を使用すれば、ホーム画面上でより多彩な表現が可能になると思います。みなさんもぜひ使ってみてください。


Comments
タップで開閉できます
arrow_upward